『sicko シッコ』

  • 2007/09/13(木) 14:26:00

シッコ

必死の呼びかけ  ちびちび的プチ評
  恐ろしい世界だけれど、近未来の日本の医療の姿かも。

製作年 : 2007年
製作国 : アメリカ
配給  : ギャガ・コミュニケーションズ、博報堂DYメディアパートナーズ
監督・脚本・製作:マイケル・ムーア

訳分からん! あらすじ:
医療保障の破滅によって崩壊し、粉々にされ、場合によっては絶たれてしまったごく普通のアメリカ人数名のプロファイルで幕をあける本作は、その危機的状況が、4700万人の無保険の市民たちだけでなく、官僚形式主義によってしばしば締め付けられながらも保険料を律儀に支払っている、その他数百万人の市民たちにも影響を及ぼしていることを明らかにする。いかにしてこれほどの混乱状態になったのか、それだけを述べた後、観客はすぐに世界へ連れ出される。カナダ、イギリス、フランスといった国を訪れるのだが、それらの国々では、国民全員が無料医療という恩恵を受けているのだ。またムーアは、9・11事件の英雄の一団を集結させる。彼らは、アメリカにおいて医学的治療を拒否され、今も衰弱性疾患に苦しむ救助隊員たちであった…。(goo映画より)


テロより怖い医療問題!とのコピーでしたが、
ホントにその通り!
唖然呆然な話から、涙を誘う話、驚くばかりの内容でした。

健康保険に加入していないため、
怪我した膝を自分で縫う男性の姿から映画は始まります。
が、この映画で描かれるのは、
彼のような無保険の人ではなく、
保険に加入しているにも関わらず、
保険がカバーされなかった人たちの悲劇です。

具合が悪くて病院に行って、
診断が出て、治療方針を示されて。
なのになぜ、保険会社がそれを「拒否」できるのか。
無知なちびちびには訳が分かりません。
おまけに、拒否件数のノルマがあって、
高率の医師にはボーナスが支給される!

あら、こんな話、最近聞きましたね。
こちらは生活保護の件数でしたが。

国民皆保険のような全体で助け合うシステムは、
社会主義のやり方だという政府のプロパガンダ。
反共が染み付いた人々には
これこそ恐怖のシステムに映るのでしょう。
でも。
同じ資本主義社会でありながら、
手厚い医療制度がある国もあります。
カナダ、イギリス、フランスを取材して、
病院に行って、「お金を払わなくていい」ということ、
医師を自由に選べるということ、
一日のほとんどを待ち時間に使うなんてないということ。
アメリカ政府がことあるごとに叩き潰してきたシステムが、
きちんと機能し、住民を助けている様子を目にして、

「I'm comfuse!」

と叫ぶムーア監督は笑われっぱなしです。

実際には、
カナダは長年、予算不足が続いていて、
今のシステムを継続できるか問題は多い。
キューバでは予防医学に重点をおいているので、
重篤な状態になってから病院に来る→高額な医療費がかかる、
という悪循環を防ぐ手立てになっている。
などなど、
映画では「省略されている」部分もあります。
世界中で一番、医療技術が進んでいるのはアメリカでしょうし。

でも、これが、ムーア監督の編集方針なのでしょう。
前作の『華氏911』のような「声高に!」ではなくても、
監督自身の主義主張を訴える映画ではあります。
ただその手法が違うというだけ。

今回の映画では、
監督と立場を異にする人たちへの突撃インタビューはありません。
(キューバの米軍基地には行ってますが)
代わりに、保険を拒否され、
金額の多寡でどの指をつなぐか選択をせまられた人、
家を手放し、娘夫婦宅の物置に住むことになった人、
保険会社がいちゃもんをつけている間に娘を亡くした人、
そういった人々の声を紹介することで、
観る者に訴えかけます。

「野菜をとろう! 運動しよう!」

「そして、一緒に立ち上がろう!」

うんうん。
観ているだけじゃ、ダメなんだ。
政治家に騙された〜と言ってるだけじゃ、ダメなんだ。
行き過ぎた市場原理では、救われない。
社会保障を自分たちで考える。
企業にとって有利なことだけでなく、
事実を伝えてくれるジャーナリズムも必要だ。
いろいろ考える第一歩として、秀作だと思います。

にしても。
フランスの医療システムだけでなく、
子育て支援システムには感動しました。
週に何度かヘルパーがやってきて、
子守りだけでなく、買出し、洗濯、夕飯まで作ってくれる。
おかげでお母さんは自分の用事をすることができる。
子どもが小さいうちは美容院にも行けない
なんていう日本とは、なんて違いなんでしょ!
先進国中でも出生率が上がっている理由は、
この辺にあるのでしょうね。

アメリカだけが「うちゅくしい国」だと思っていたら、
日本の未来は大変なことになりますでよ、ホントに。
と、思ってたらご本人がトンズラしちゃいましたね。
アメリカとの約束が守れそうにないからやめるだなんて、
お坊ちゃまくん、あんたはどこの国のひとなんだ?

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

「シッコ」レビュー

映画「シッコ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *監督・製作・脚本:マイケル・ムーア 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^

話題の シッコ を観てきました。

 フリーペーパーR25をはじめテレビでも取り上げられているにもかかわらず、いつも行く映画館では公開1ヶ月で上映終了してしまうと言うことで急いでシッコを観てきました。

【2007-119】シッコ(SICKO)

人気ブログランキングの順位は? ムーア先生、急患です。 保険満足度は 先進国中最下位!! 救急車に事前申請? テロより怖い、 医療問題。

映画「シッコ」

原題:SiCKO またしても富める国アメリカの暗部にして歪んだ実態をみる思いがする、日本がこの国に追随しているのだとしたら国民として怒りをもって異を唱えるべきか・・ 現在の日本では、健康保険の自己負担割合が3割、つまり前回歯医者に通っていた時には1回1,

シッコ (Sicko)

監督 マイケル・ムーア 主演 マイケル・ムーア 2007年 アメリカ映画 123分 ドキュメンタリー 採点★★★★ 何気に厄介な難病を患っているおかげで、新規で生命保険に加入できない私。今入っている保険を細々と大事にしていくしかないそうで。あ!今、思い出した!10年ほど

クロムハーツ ネックレス

非常にうまく書き込む物語 。それは次のようになります便利から誰誰活用のそれ、 同様 私 。 良い仕事を続けてください - を私は間違いなく読みます以上の記事を。

クロムハーツ メガネ

それ! 真に A 素敵と便利の一部情報 。 私です 嬉しい あなたその 役立つ便利この共有|私たちとの情報を情報 。してください保つ私たちムドコンセントこのように。共有のために| ありがとうございますありがとうござい 。

ニューバランス 574

あなたは本当に 実際にそれはあなたのプレゼンテーションでとても簡単に見えるようですが、私はこのトピックでは、 の問題を見つけることが本当に 実際に何かた私は理解できないと思います。それはあまりにも思える複雑なと非常に私にとっては幅広い。 私がしているあなたの次のポストのために楽しみに、 私はよを探してそれのこつを取得しようとする。

ニューバランス

私はない 実現です実際方法{あなたがしている|あなたは今ではない|しない|もはや} 実際に もっとたくさん よく - {スキ|感謝|待遇|あなたはかもしれないより優先|今かもしれない|今} 。 あなたがしている 非常にインテリジェントな。 あなたが実感 こうして かなり との関係でこの私の部分のために作られた私 、 個別 {信じる| からは想像それ|を考える非常に多くの|数多くの|多くの} さまざまな角度。 あなた自身詰め込むバーゲン 。 {必ず|いつ|すべての回での世話を|保守| |ハンドルを扱

シャネル 長財布 キルティング

うわー、 信じられない ブログ レイアウト 。どの長い あなたは今までしているきブログの?あなた既製 ブログ | 簡単な外観一目 。 全体 一目 はあなたのです壮大 、 {せアローン| としてスマートと} コンテンツ 。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する